前世療法とは

前世療法はアメリカの精神科医である、ブライアン・L・ワイス博士が1988年に出版された「前世療法」という著書により、心理療法の1つとして世界的に広まりました。
人は何度も生まれ変わり、人として成長していく為にこの世に生まれてくるのだそうです。

催眠下でご自分の前世と思われる時の映像やイメージで体験していくと、その時の感情や感覚までもが自然に思い出されて、その人生における課題や、今の人生に与えている影響などが自分なりに納得できたり、それまでずっと抱えていた問題の原因などを気づいたりする事が多々あります。
又、この療法の特徴の1つで、中間世と呼ばれる死後の世界に行く事により、今生生まれてきた意味が理解できたり、マスター(ハイヤーセルフ)から何か大切なメッセージが受け取れたりする事もあります。

前世療法は自分自身で気づく事により、問題解決を図り、物事を前向きにとらえて、これからの人生を実りある、より有意義に生きるための1つの手段だと思って下さい。

尚、当セラピストは世界的な権威である精神科医のブライアン・ワイス博士の直接指導による前世療法プロフェッショナルコースを修了しています。

Return to Top ▲Return to Top ▲