退行療法とは

過去に関わった事柄がそれが現実に起きた事であれ、思い込みであれ、幼児期においてはすべてが潜在意識の中に事実としてインプットされて記憶に残ります。

普段は忘れていても、何かがきっかけとなって鮮明に思い出されたりした事はないでしょうか?
その中には、大人にとっては取るに足りないような事でも、子供にとっては一大事だったりすることもあるのです。
大人の自分は頭では納得しているつもりでいても、子供のころの感情は辛いままで潜在意識に残っていて、湧き出し、行動や心の状態に影響を与えてしまうのです。

今は忘れてしまった幼少期の出来事が、トラウマとなって、あなたには原因不明の症状になって現れれているかもしれません。

催眠状態の中で起因となった場面に戻り、ご自身で幼少期の満たされなかった要求を適えたり、記憶を書き換える事によって、トラウマや癖や思い込みから来る悩みなどが、軽減されたり解消されたりします。

潜在意識レベルでご自分の心の状態やその原因に気づき、ご自身でマイナスの感情を開放する事で深い癒しがもたらされるでしょう。

当セラピストは、日本ホリスティックアカデミー(JHA)の年齢退行プロコースを修了しております。

Return to Top ▲Return to Top ▲